入学金・授業料等の振込にあたって

 

  • 金融機関において10万円を超える現金の振込みを行う場合、これまでは金融機関窓口にて本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)の提示が必要でしたが、法令の改正により、平成28年10月1日以降は大学の入学金・授業料等を振り込む際に、本人確認書類の提示が不要となりました。
  • 保護者の方などが、振込名義人(入学予定者)に代わって振込みの手続を行う場合には、金融機関では、振込みの目的(入学金・授業料などであること)をお尋ねすることがあります。
  • 詳しくは、振込みを依頼する金融機関にお問い合わせください。