利用科目の説明

以下は平成29年度の内容です。平成30年度の詳細は、6月頃決定し公表予定です。

利用科目の説明

本学独自の個別学力検査は課しません。ただし、発達教育学部教育学科音楽教育学専攻は音楽実技を行います。

教科 判定に利用する科目と利用方法
国語 前期3教科型および後期3教科型において、文学部国文学科及び史学科は全得点〔古文・漢文を含む〕を利用します。
その他の学科・専攻は〔近代以降の文章〕のみの得点を利用します(配点が200点満点の学科は〔近代以降の文章〕を200点満点に換算します)。
前期5科目型において、文学部国文学科及び史学科は全得点〔古文・漢文を含む〕を利用し、100点満点に換算します。その他の学科・専攻は〔近代以降の文章〕のみの得点を利用し、100点満点に換算します。
外国語 前期3教科型および前期5科目型においては、リスニングを含む「英語」250点満点を200点満点に換算し、端数は切り上げます。更に文学部英文学科は、400点満点に換算し、端数は切り上げます。現代社会学部現代社会学科及び法学部法学科は100点満点に換算し、端数は切り上げます。
英語リスニング免除者は、英語筆記試験の得点を英語得点とみなし、判定に使用します。
文学部史学科、発達教育学部教育学科音楽教育学専攻、現代社会学部現代社会学科及び法学部法学科は「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」でも可能です。
前期5科目型においては、全学科・専攻において、100点満点に換算し、端数は切り上げます。
地理歴史 いずれの科目も100点満点ですが、文学部史学科は200点満点に換算します。
公民 いずれの科目も100点満点ですが、前期3教科型及び後期3教科型において、文学部 史学科は200点満点に換算します。
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」は2科目で1科目として扱います。
家政学部食物栄養学科は「化学基礎」及び「生物基礎」の2科目、または「化学」「生物」を200点満点に換算します。