イベント

児童学

児童文化学

担当 松崎 行代
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・5講時

社会の動きと各時代の子どもの置かれた立場や児童観と合わせて、児童文化概念の成立を「児童文化史」として解説する。また、さまざまな児童文化財・児童文化活動・児童文化施設について具体的な事物や作品を取り上げながら説明し、各種児童文化財の特徴を論ずる。

認知発達研究

担当 古池 若葉
開講期間・曜日・講時 後期・木曜日・1講時

乳幼児期は人生の中で最も発達的変化の大きい時期です。この授業では、子どもの記憶、言語、概念、推論などの認知発達について学びことにより、子どもが周囲の世界をどのように認識しているのかについての理解を深めていきます。

児童表現学

担当 岡林 典子・矢野 真
開講期間・曜日・講時 前期・水曜日・2講時

前半では、児童の造形に関する特性を考察することにより、望ましい造形表現の発達と支援の在り方を探る。
後半では、子どもの音感覚や音楽的発達プロセス、教材、楽器、音楽教育メソッドなどについて学ぶ。