家政学部生活造形学科

株式会社ニトリ 内定

校外学習での感動を胸に、大好きなインテリアの道を歩みます。

幼い頃からインテリア雑誌を見るのが好きで、大学で服飾や意匠など他分野の学びを得る中で、やっぱりインテリアを究めたいと再認識。また、校外学習で大阪へ行った時、超高層複合ビル「あべのハルカス」やウィーンの芸術家・フンデルトヴァッサー氏設計の「大阪市環境局舞洲工場」など、秀逸な建築物を目の当たりにし、座学で学んだことへの理解を深めるとともに、建築とデザインの奥深さに一層魅了されました。そんな私も春にはインテリア業界の一員。大学で得た表現力を広告宣伝やコーディネートに生かし、誰もが気軽にインテリアを楽しめる環境やきっかけをつくっていきたいと思います。

C・Sさん
4回生(和歌山県立向陽高等学校出身)

株式会社ワコール 内定

京女で培った勉強習慣を糧に、博識な繊維製品品質管理士へ。

高校時代は家庭科部に所属し、服をつくって文化祭でファッションショーをするなど、ものづくりの楽しさに魅了されていました。そこで、衣服についての知識を深めるため、繊維から販売のことまで幅広く学べる本学へ。専門的な学びを重ねる中で、良い服をつくるには体型への理解が不可欠だと気づき、体型学のゼミで女性の下半身の体型について研究中。加齢による変化や個々の差異、既存のサイズ表示の限界を知ったことは、単に知識になるだけでなく自分の強みにもなり、服飾業界の就職活動に大いに役立ちました。今後も勉強に励み、色彩やパターンにも通じた繊維製品品質管理士として活躍したいです。

Y・Nさん
4回生(長野県立大町高等学校(現 大町岳陽高等学校)出身)

積水ハウス株式会社 内定

内定先の住宅メーカーで、先生直伝の設計技術を発揮したい。

私が京女に進学したのは、建築と意匠デザインの両方を学べるから。両分野を勉強するうちに建築を究めたいという思いが募り、専門的に勉強することにしました。3回生の時に八木先生の講義を受け、「この先生のもとで技術をみがきたい」と先生のゼミへ。自発的に学ぶ中で設計の技術が少しずつ向上し、理想通りの設計図を描けるようになりました。こうした実践的な経験と、講義で得た住宅や街づくりの知識のおかげで、第一志望の住宅メーカーに内定。設計にもかかわる営業職として、お客さまと話し合いながらご希望の住宅を提案できるよう、二級建築士と宅建の資格取得に向けて猛勉強しています。

Y・Kさん
4回生(大阪府立池田高等学校出身)


このページの先頭へ