家政学部食物栄養学科

株式会社伊藤園 内定

ゼミで得た知識を商品企画に生かし、人々の健康を支えたい。

食物栄養学の基礎を学ぶ中で、私は運動とのかかわりに興味を抱くように。そこで、人間にとって必要不可欠な食事と運動についてバランス良く学べると思い、寄本先生のスポーツ栄養学ゼミに所属しました。ゼミでは運動時の水分と塩分の出納を研究したり、運動処方の進め方や内容を考えたりとさまざまなことを学修。私生活でも食事と運動に気を配るようになり、常に人の健康について考えることが増えました。内定した企業は、緑茶飲料をはじめ多くの人が日常的に口にする商品を製造しています。京女で培った栄養の知識を商品企画や開発に役立て、人々の健康を陰ながらサポートしたいです。

R・Aさん
4回生(滋賀県立守山高等学校出身)

奈良県栄養教諭 内定

附属小学校での食育活動が栄養教諭の道を開いてくれました。

幼い頃から食べることが大好き。食の重要性を発信できる栄養士に憧れ、数ある栄養学科の中でも特に少人数制授業と理系科目の基礎教育に定評のある本学を選びました。入学当初は栄養教諭など眼中になかった私が食育に目覚めたのは1回生の頃。大学と同じ敷地にある附属小学校で食育を行う「附小スクールランチ」に参加し、子どもたちの笑顔を見た時です。給食が大好きだった昔の記憶がよみがえり、自分も児童に喜んでもらえる給食づくりがしたいと強く思いました。この取り組みは現在も続き、私はいまではリーダーとして活動しています。今後も多くの児童に食の楽しさ、大切さを伝えていきたいです。

N・Mさん
4回生(奈良県立橿原高等学校出身)

兵庫県職員(栄養士) 内定

行政で栄養士として地域の方々の健康づくりをサポートしたい。

昔から食の安全に興味があり、食品表示の原材料名を見るのがクセでした。どうせならプロになろうと管理栄養士の資格取得を決意。京女は実習の機会が多く、実体験を通して記憶に残せる点が強みです。数々の実習の中で特に忘れられないのは、病院で出会った一人の管理栄養士。患者に向き合うオーダーメイドの栄養指導や、専門知識をかみくだいて説明する配慮など、第一線で働くプロの姿に感動しました。私も春から食のプロとして、行政機関で働く予定です。住民の方々に栄養カウンセリングをしたり、健康づくりの施策を企画したりして、誰もがストレスを感じることなく健康でいられる環境をつくりたいです。

K・Yさん
4回生(姫路市立姫路高等学校出身)

京都大学大学院 生命科学研究科 統合生命科学専攻 進学

京女の学びを大学院で進化させ、将来は食品の開発をしたい。

中学生の頃から食物アレルギーについて興味があり、免疫学を研究する成田研究室へ。就職活動のスタート時期は、食品会社で研究職や開発職に携わりたいと考えていましたが、さらに知識を深めようと大学院への進学を決意。大学院入試と管理栄養士国家試験に向けて勉強する中で、生命科学と栄養学につながりを感じて、どちらの分野もより関心をもって学ぶようになりました。これからは文献や学会などでより見聞を広めつつ、何か一つでも新しい研究結果を残せるように頑張ります。そして将来は、本学と大学院での学びを生かして、食品の研究開発に携わりたいと思います。

S・Aさん
4回生(和歌山県・開智高等学校出身)


このページの先頭へ