現代社会学部現代社会学科

株式会社三菱東京UFJ銀行 内定

インタビュー体験をはじめ学科での深い学びが実を結んでいます。

現代の生活について過去とリンクさせながら実践的に学びたいと思い、本学科を選びました。「社会調査演習」の授業では、実際に街に出てインタビューをしたり、文化人類学のゼミでは外国の子どもたちの不就業の実態調査を行ったりしました。これらの実践的な研究を通して、調べ、考え、伝える力を養うことができました。春からは銀行員として、これまで学んだことを生かし、幅広くお客さまのお役に立てるような銀行員になりたいです。

S・Tさん
4回生(静岡県立静岡東高等学校出身)

株式会社村田製作所 内定

東日本大震災の被災地に行き、自分の目で見る大切さを実感。

この学科を選んだのは、国際理解をはじめとするクラスター制に魅力を感じたから。幅広く学修できる点に、私の好奇心がくすぐられました。入学してみると、選択科目の多さは想像以上。科目ごとに新たな友人ができ、結果的に対人スキルの向上につながりました。また3回生の時には、ゼミの合宿で福島県へ。それまで東日本大震災の放射能汚染とその風評被害を研究していましたが、現地で実際に被災された方のお話を聞いて、理論研究だけではわからないことが多いと改めて実感。被災地での経験を生かし、内定先の企業では上司や先輩を陰ながら支え、職場に貢献できるように頑張ります。

Y・Hさん
4回生(京都府・京都女子高等学校出身)


このページの先頭へ