発達教育学部教育学科音楽教育学専攻

滋賀県中学校教諭(音楽) 内定

実践的な授業のもと、音楽教員になる意欲が高まりました。

私は、小学生の頃から合唱、高校生になってからは声楽を続けてきました。大学でもっと音楽を深めたいと思い、充実したレッスンが受けられる本学へ。演奏技術を向上させるとともに、音楽の指導方法を学ぶことができ、無理なく教員免許取得のための時間割を組めるので理想的でした。授業は実践的なものが多く、音楽を指導する模擬授業を行い、評価し合うことも。この経験から、将来の仕事がリアルにイメージでき、教員になりたいという意識もさらに強くなりました。いまは、ゼミで声楽のレベルアップを図りながら教育関連の書籍で自主勉強し、中学校の生徒たちへの指導に備えています。

S・Bさん
4回生(滋賀県立石山高等学校出身)

野村證券株式会社 内定

目標達成のための粘り強い努力を仕事でも発揮したい。

2歳から続けているピアノの技術をみがきながら、音楽以外の知識や教養も身につけられる大学は京女しかない! と思い入学。世界で活躍する先生方からピアノを学ぶとともに、教育学や心理学など広く学ぶことができました。この4年間を通して、身についたのは目標をクリアする力。授業やゼミの一環として行われる実技試験やオーディション、演奏会では、常に目標を設定して前向きに挑戦し、ひたすら努力し続けることは必ず結果につながるのだと確信しました。就職後も地道な努力を重ね、京女で培った向上心と粘り強さを武器にお客さまとの信頼関係をはぐくんでいきたいと思っています。

Y・Mさん
4回生(京都府・京都女子高等学校出身)


このページの先頭へ