文学部国文学科

堺市中学校教諭 内定

指導法を学び、現場見学を重ね、教育者としての力を修得。

中学・高校生の時、国語の楽しさや奥深さを教えてくれた先生に憧れ、教員をめざすように。本学では、国文学、特に近代文学を追究するとともに、教師としての資質をみがく機会に恵まれました。例えば、「国語科教育法」では指導要領に沿って授業内容を考え、模擬授業を行う中で、指導力が身につきました。また学生ボランティアとして、中学校で授業の補助や自習時間の勉強指導などを体験。大学での学びを、実際の教育の現場で発揮できた経験となりました。これからも、ベテランの先生の授業をできる限り見学し、生徒との良好な関係の築き方や、授業の進め方のコツなども学んでいきたいと思います。

T・Yさん
4回生(大阪府立河南高等学校出身)

株式会社島津製作所 内定

ゼミ発表の経験が、自分ならではの発信力・発言力の糧に。

第一志望の企業の内定が叶ったのは、ゼミでの学びがあってこそ。講義を通して中世の説話について理解を深めていくとともに、自分の考えを発表する機会も多く、それまで苦手だった人前で話すことにも徐々に慣れていきました。この経験は、就職活動時の面接で自分の思いを自分の言葉できちんと伝えるのに役立ちました。また、卒業論文の執筆に際しては、先生が何度もチェックして手厚く指導してくださり、学生と先生の距離の近さを改めて実感。こうして、人生の一大イベントでもある就職活動を通し、学業だけではなく人としても成長でき、これから社会人として歩む自信につながりました。

Y・Sさん
4回生(京都府立南陽高等学校出身)


このページの先頭へ