法学部法学科

大阪大学大学院 高等司法研究科 進学

日々の学びや取り組みを生かしてめざせ!司法試験合格

法律のプロに憧れを抱いたのは高校生の時。法律の面から教育や学校にかかわる“スクールローヤー”という存在を知り、教師とは別の立場で学校教育を考えたいと思ったのがきっかけです。法律を学ぶうちに法曹資格を取得したいと考え、大学院進学を決意。入試に向けて、先生からいただいたアドバイスはもちろん、判例を読み込んでレジュメを作成したゼミでの学びが、思考力や論理力を高めるのに役立ちました。また、法学研究会などを立ち上げた経験から行動力が身につき、こうした日々の努力が大学院合格へとつながりました。これからもさまざまな経験をして力をつけ、司法試験合格をめざします。

S・Tさん
4回生

京都府職員(上級)行政ⅠA 内定

法の知識を駆使し、京都府のPRに貢献したい。

法化社会といわれる現在、「女性のための法学科目」がある女子大初の法学部で、法について学ぶことができました。この知識をもって、地方創生を生涯の仕事にしたいと思うようになったのは、私が住む京都には京都市以外にも魅力的な地域があると気づいたから。そこで公務員試験挑戦を前提に選択した行政法のゼミをはじめ、公務員試験の専門科目での学び、同じく公務員志望の友人と各自治体の特長や取り入れたい政策案を話し合ったことすべてが、内定へとつながりました。さらに、職場で必要な地方自治法についても学び、地域に特化したテーマを設けて府全域を盛り上げるのに貢献したいです。

Y・Sさん
4回生(京都府・京都女子高等学校出身)

伊藤ハム株式会社 内定

女性の問題を学ぶ中で得た積極性を仕事でも生かしたい。

高校生の時から、社会における女性の地位の低さに疑問を抱いていたことから、女子大初の法学部で学びたいと本学へ。さまざまな法科目を学ぶうちに、女性の現状やジェンダーの問題への興味がより高まり、その領域を扱うゼミで学ぶことになりました。授業で、女性の性にかかわる問題や家族の間に発生する問題などをテーマに討論する中で、積極的に意見を述べられる力がつきました。この力は、社会に出て働く時にもきっと生かせると思います。春からは、食品メーカーで働きます。食を通して人々の暮らしを豊かにし、しあわせを創造したい。そんな志のもと、社会に貢献していきたいと思います。

A・Mさん
4回生(京都府・京都女子高等学校出身)


このページの先頭へ