家政学部生活福祉学科

滋賀県小学校養護教諭 内定

子どもをまるごと受け入れ、心身に寄り添える養護教諭に。

小学生時代にお世話になった養護教諭の先生に憧れ、養護教諭になることをめざし、本学科を志望しました。救急処置や健康相談活動、環境衛生、保健学習など、養護教諭になるために必要なことを総合的に学修し、子どもの健康問題を解決するための幅広い専門知識を修得できました。教育実習では、実際に学校の保健室で、一人ひとりに応じた丁寧な対応と適切な言動がいかに重要かを痛感しました。子どもをまるごと受け入れ、今後も自分で発達や疾患の知識を深め、こころと身体に寄り添える養護教諭になっていきたいです。

M・Yさん
4回生(滋賀県立彦根東高等学校出身)

医療法人社団洛和会 内定

現場を経験して理解が深まり、社会福祉士になる夢が叶いました。

私は、社会福祉士になりたくて京女へ。1回生から、地域の高齢者と触れ合える授業があったり、歩行が困難な方の買い物を代行したり、書道などのカルチャーサロンに参加したりと、高齢者支援の現場を体験。社会福祉士をめざす上で必要な介護の現場実習では、精神障がいを抱えた方とお話をさせていただく機会も。ご家族や地域、福祉施設の職員の方々がどう連携しながらサポートしているかが把握でき、福祉職への意欲が高まりました。就職活動でも同じ目標をもった仲間と情報を共有し、切磋琢磨しながら挑んだことで、希望通りの道に進めました。今後は、本学で得た知識と行動力を現場でさらにみがいていきます。

M・Uさん
4回生(滋賀県立草津東高等学校出身)

パナソニックエイジフリー株式会社 内定

中学生の頃からの志を貫き、福祉の道を歩みます。

中学生の頃から福祉に興味があり、介護福祉士や社会福祉士の養成校として実績が高く、充実した施設を備えた本学を選びました。介護実習では介護現場を見学したほか、介助や会話など利用者の方との触れ合いを通じて、「困っている人を支援したい」という気持ちが一層強まりました。さらに、支援計画を検討するグループディスカッションの授業では、さまざまな対象者を事例にした計画立案を繰り返す中で、人を支援するモチベーションが高まりました。春からは、介護事業を手がける会社に勤務。経験を積んで、ケアマネジャーの資格取得をめざすとともに、介護の印象を改善できるような活動にも取り組みたいです。

K・Tさん
4回生(京都府・京都女子高等学校出身))


このページの先頭へ