家政学部生活福祉学科

京都府養護教諭 内定

信頼される養護教諭になるための技術と資質を養成。

昔、クラブ活動中に友だちが足をくじいた時、冷やす以外の処置がわからず悔しい思いをしました。その時、駆けつけた養護担当の先生のテキパキとした処置が頼もしく、養護教諭をめざすことに。授業では、包帯の巻き方や聴診器・打腱器を使ったフィジカルアセスメント、心肺蘇生法などを繰り返し実践し、養護教諭に求められる救急処置などの基本技術を修得。さらに、地域の方と交流する実習や学校での学習支援ボランティア活動を通して、教諭としての資質をみがくことができました。今後も、子どもを第一に考えた処置や指導ができ、教員や保護者の方からも信頼される養護教諭になれるよう頑張ります。

R・Nさん
4回生(京都府立久御山高等学校出身)

介護施設 内定

高齢者との交流や介護施設の実習で介護職への意識が向上。

在宅介護を受けている曾祖父に付き添って特別養護老人ホームに行った時、笑顔が素敵な介護士さんを見て介護福祉士をめざすように。本学科では、介護福祉士と社会福祉士の資格取得の基盤となる知識が得られた上、地域の高齢者の方と接する機会も多く、コミュニケーション能力が養えました。さらに、現場実習によって介護職に関する意識も高まったほか、専門知識や技術を学ぶだけではなく、介護サービスを利用する方の気持ちに寄り添う方法を考えられるように。現在は認知症カフェでのボランティアに取り組み、当事者の方とかかわることでより良いサポートのあり方を考えています。

R・Iさん
4回生(富山県・高岡龍谷高等学校出身)

社会福祉法人 北摂杉の子会 内定

スキルや経験を積める実習が多く、実践力につながります。

学生どうしで介助の技術を実践し合ったり、コミュニケーションの取り方を練習したり。実技の授業が多いため、福祉の現場で役立つ実践力をはぐくむことができました。さらに、学外での実習中にも、担当の先生が予習・復習できる場を設けてくださるため、充実した経験が得られました。例えば、高齢者や障がい者を支援する施設を訪問する実習では、実際の利用者と接したほか、資格を保有するスタッフの方の話が聞け、福祉の仕事に明確なビジョンがもてました。春からは、知的障がい者や発達障がい者を支援する社会福祉施設へ。そこで経験を積んで、社会福祉士として活躍したいと思っています。

M・Hさん
4回生(大阪府・向陽台高等学校出身)


このページの先頭へ